サービス 奈良 誠也 2015年入社 NARA SEIYA

クルマを修理するだけでなく、お客様の心に安心を届ける。

前職は航空自衛隊。自動車整備士になりたいという夢を捨て切れず、この会社に転職しました。はじめはアルバイトとして入社し、今年の4月から正社員に。ようやく夢への第一歩を踏み出したところです。入社する前に私が描いていたイメージは、サービススタッフ=クルマを黙々と修理する人。現実は違いましたね。もちろん、クルマを点検整備する、修理するのが仕事ではありますが、それが目的ではありません。本当の目的は「お客様を安心させること」。工場長に「お客様は困ってディーラーに来ている。そのお客様のためにクルマを直し、安心をお届けするが整備の仕事」と言われ、衝撃を受けました。クルマを直すだけなら自己満足、お客様の心に安心を届けて初めてプロフェッショナルになる。求められていることのハードルの高さを痛感しました。同時に、時間がかかってもこの道を極めていこうという気持ちが湧いてきました。
入社1年目なので、私にできる作業はまだ限られています。唯一、私一人でもお客様に自信を持ってできることは洗車(笑)。消耗した部品の交換やエンジン・電気系統などの修理は、お客様に「見えない整備」ですが、洗車は「見える整備」です。自分がお客様の立場だったら、愛車を丁寧に洗車してもらえたら嬉しいですし、店の真心も伝わるはず。ですから洗車一つでも、決して手を抜けません。小さなことですが、それがお客様の安心と満足に繋がれば嬉しいですね。

お客様に愛され、信頼されるスタッフは、「伝える技術」も一流。

私には、アルバイト時代から目標としている人がいます。同じ店舗で働く先輩で、Honda販売会社の従業員を対象にした全国規模の技術コンクールで全国大会に出場している人です。高い技術と品質、そしてお客様に対して一番近い目線を持っている。側で見ていると、お客様のことを第一に考えて整備していることが伝わってきます。担当した整備車両の状態をお客様に説明する際にも、専門用語を使わず、わかりやすい言葉を選んで話をするので、お客様は自然と笑顔に。本当に憧れますね。職場の先輩としても、人間としても尊敬できる人が近くにいる恵まれた環境だと思います。
サービススタッフにとって、お客様との会話は大事な仕事。実際にクルマに触っているからこそできる説明、対応があります。もともと人と話をすることが好きというのもありますが、お客様の満足度を高め、信頼関係を築くためにもコミュニケーション能力を今後磨いていきたいです。

技術と心を磨き、支えてくれている人たちに恩返ししたい。

休日には、愛車の洗車をしています。数ヶ月前に『ヴェゼル』が納車されたばかりなので、仕事の日も休みの日もクルマ漬けです(笑)。毎日が楽しいですね。
この会社は一人ひとりの意見を尊重し、社員を大切にする会社です。そして頑張った人に応えてくれる会社です。「Honda四輪サービス技能修得制度」(HAST)という技能修得の制度がありますし、技術コンクールという互いに切磋しながら成長する場もあります。仕事しながらの勉強というのは苦労する面ではありますが、自分のモチベーションも上がりますし、やる気さえあれば着実にスキルアップできます。仕事に熱い人ばかりです。みなさんと一緒に働く日を楽しみにしています。

TOP