営業 渡邉 在佑郷 2012年入社 WATANABE AYUTO

「渡邉くんから買う」。営業マンとしての自信を与えてくれた、お客様との出会い。

学生時代に熱中したことは、お金を稼ぐこと(笑)。いろいろなアルバイトの経験をしましたが、その中で営業という仕事に魅力を感じ、自分自身に一番合っていると思いました。クルマ業界を選んだのは、金額が大きい商品を売りたかったから。住宅業界とクルマ業界で迷いましたが、ご縁があってこの会社を選びました。
これまで一番思い出に残っているのは、やはり初めてのお客様ですね。第一号として、初めて新車をご購入いただいたお客様が2年後、併有車(他社)の代替時期を迎えました。お客様は併有車の営業担当者とも10年以上の付き合いがあるようでしたが、私に声をかけて頂き、『N-WGN』をご購入いただきました。成約御礼の際には、お客様から「家族会議で、どのメーカーの、どの車種を買うかではなく、渡邉君から新車を買おうと決めたんですよ!」というお言葉を頂戴しました。とてもうれしく、感動しましたね。

目標は自分を成長させてくれるもの。自ら進んで自分を追い込む。

程度の差こそあれ、どの業界でも営業の仕事にノルマはつきもの。よく変わっていると言われるのですが、私は自分を追い込むこと、プレッシャーが大好きです(笑)。営業職に答えはありません。思い描く目標に向かい、それを実現するために、常に自分と戦い、自身を磨き、成長していく。そんな刺激ある毎日を過ごしていると、一日一日がとても大切に感じ、仕事をしていて飽きるということがありません。お客様の暮らしに新たな「喜び」を、いかに提案できるか。お客様の心にたった一つでも光を差し込むことができれば、信頼される営業担当者に近づいていくように思います。一瞬一瞬、全力疾走です。
入社して最初の2~3年は、とにかく夢中でした。自分の成長を実感しはじめたのは、4年目くらいからですね。目標を達成するために試行錯誤し、必死に取り組む姿勢を継続し続け、5年先、10年先に、自分はどうなっていたいのか。常にビジョンを持って、仕事に取り組むようにしています。

大切な人がいるから、頑張れる。自分を成長させる原動力は「家族の笑顔」。

これまでの人生を振り返った時、転機になったのは「結婚」です。結婚するまでの自分は、フラフラしていて、決して地に足のついた人生ではありませんでした。妻と出会ったときに、「この女性だけは、この先何があっても、絶対に幸せにする」と心に決めました。現在は、子どもにも恵まれ、3人家族になりました。子どもが誕生したときには嬉しくて、『ステップワゴン』を買いました(笑)。家族がいるからこそ、より一層真剣に仕事に取り組むことができるようにも思います。今は、休日に家族でおいしいものを食べ、楽しく過ごす時間が一番幸せ。仕事が充実すると、自然とプライベートも充実するものだと思います。会社の仲間、先輩方、支えてくれている妻には本当に感謝しています。

TOP