工場長 三戸部 和徳 2004年入社 MITOBE KAZUNORI

わからないことが嫌(笑)。「知りたい」という気持ちが、原動力に。

私は中途入社。この会社と出会うまでに、いろいろ回り道をしました。高校卒業後に他社のディーラーで勤務しましたが長く続かず、その後にタイヤ店やガソリンスタンドでアルバイトを経験しました。通常、整備士を目指す人は自動車整備の専門学校を経て入社するケースがほとんどですが、私の場合は専門学校も出ていません。ですから、入社時は他の新入社員より年上にも関わらず、知識や技術は出遅れている状態。毎日必死でしたね。
今年、入社以来目標としていた「HMSG(Honda Master of Service)」の資格を取得しました。サービスの幅広い分野の知識や技術、経験を持つスタッフに与えられる資格で、当社では4人目となります。もともと、わからないことが嫌という性格。好きなことは、とことん知りたい(笑)。クルマに関しても同様で、日々進化するHonda車を前に、好奇心が尽きることはありません。現在は工場長という立場なので、他のスタッフを前に「わからない」とは言えませんしね(笑)。今でも毎日、脳味噌をフル稼働させて勉強している状態です。

自分の成長を見守ってくれる人がいたから、続けてこられた。

この会社は研修制度が充実しています。そして人を育てる環境も整っています。「現場叩き上げ」の私だからこそ、自信を持って言えます(笑)。全国の販売店のサービススタッフたちが、サービス技術・知識・接遇力を競い合う「Honda四輪サービス技術コンクール」というのが毎年開催されるのですが、ここでスタッフは技術的にも、人間的にも大きく成長します。参加するからには、当然入賞を目指すのですが、大切なのは参加までの経過。技術は自分一人で高められるものではありません。先輩に予想問題を作ってもらったり、一緒に参加する仲間同士で技術を教え合ったり…。この経験が、一人ひとりのスキルアップのモチベーションを高め、会社全体のサービスクオリティを向上させています。
また、後輩が努力する姿や成長していく過程を先輩や上司がしっかり見てくれているという点も大きいですね。人を思いやる気持ちや時間の大切さ、仕事の厳しさ、成し遂げた後の充実感…。教えてくれたのは、すべて先輩方でした。この会社は、個々の成長を見守り、努力した分だけ評価してくれる会社です。中途入社の私が工場長になれたのも、見ていてくれた上司や先輩方のおかげです。成長の機会を与えてくれる職場の環境と、支えてくれた仲間に本当に感謝しています。

休日は塩釜の海で心を無心に。仕事も趣味も自分らしく楽しむ。

塩釜港に26フィートの船を所有し、オフの日には釣りを楽しんでいます。今持っている船で5艇目。船で沖に出て、釣り竿を垂らすだけで、無心になれます(笑)。新しい職場に異動したばかりで、なかなか釣りの時間を作れないことが最近の悩みですが、シーズンには時間を確保して出掛けたいと思っています。オフが充実しないと、良い仕事もできませんしね。
最後に、当社に入社を希望する方へ。仕事なので楽しいことだけでなく、辛いこともありますが、支えてくれる仲間がいます。一緒に働ける日を楽しみにしています。

TOP